cohb2058de

これはガチ

【朗報】日本トップの女流パチプロ「パチンコで勝ちたいなら打ちながらスマホを見ない方が良いぞ」


女流パチプロが歩んできたパチンコ常勝の軌跡。「女性だから勝ちやすい時代もありました」

パチンコで勝ち続けることは簡単なことではないが、プラス収支を積み重ねている「パチプロ」は今も存在している。昨今のパチンコ人口減少やコロナ禍の影響で減っているようだが、一般的な仕事を全くしない「専業プロ」も、まだまだ存在しているようだ。

 しかし「女性の専業パチプロ」というのは、パチンコ業界で活動していた筆者も、あまり聞いたことがない。そもそも遊技人口の約8割が男性とも言われており、パチンコ店にはプロ以前に女性が少ないのである。

 ただ、パチンコ業界でも有名な「女流パチプロ」がいることをご存知だろうか。現在は『パチンコ必勝ガイド』などでライター活動をしている「ちょび」さんだ。彼女は、凄腕の男性パチプロから「ちょびには勝てない」と言わしめる程、女性随一のパチプロといえる存在だろう。パチンコライターとなる以前は、10年もの間「専業プロ」として活動していた彼女に、女流パチプロならではの話を伺った。

中略

パチンコで勝ちたいなら「打ちながらスマホを見ない方が良い」理由

そしてライターになってからも10年が経ち、パチプロ系ライターとして第一線を走り続けているちょびさんに「パチンコに勝つためのコツ」を聞いた。すると、一般ユーザーだけでなく、ある程度のパチプロすらもやっている「スマホをいじりながらの遊技」に対して苦言を呈した。

「私は今でもスマホ見ながら打つことはできません。基本的には玉の動きを1日中ひたすら見続けています。演出もたまには見ますけど(笑)。

パチプロは通常回転をいかに回すかが勝負なので、無駄玉を出さずに保留4つに近い状態で打ち続けることが大切です。ずっと同じ位置に玉を打ち続けても、玉の温度や油の着き具合ですぐに回転率が変わります。だから、スマホを見ながら打つ人を見ると『そんな打ち方して怖くないのかな?』と思ってしまいますね。玉の温度は実際に実験したことはないので根拠はありませんが、感覚的に確実にズレていくのがわかるので。とにかく、一日中ずーっと打ち出すベストの位置を探し続けている感じです」


最後にちょびさんは、「パチンコで勝つことは根気がいることです」と語った。近くに座っているパチプロがトイレに行ったら「よし!その間に1回転でも多く回して差をつけるぞ!」といった思考になると言うのだから、日本でもトップクラスのパチプロであることは間違いない。今のパチンコについても「波は荒いですが、ちゃんと打てば勝てます」とのこと。

 女流パチプロとして日本トップクラスのちょびさんの言葉には、パチンコで勝ち続けてきたからこその説得力があった。パチンコで勝ちたかったら、遊技中にスマホを見ず、台と1対1で向き合うことから始めてみるべきかもしれない。

https://nikkan-spa.jp/1838559/4





ひぐらし
その通りだけど今ってそこまでストイックな人ほぼおらんよな
強い店のメイン機種とかスマホ見てない奴おらんレベルだし