NOUT

【悲報】アラサー女子、パチンコにハマってすべてを失う


初デートでパチンコ屋へ、ハマってしまいすべてを失ったアラサー女性

 恋人の影響で何かにハマることってよくありますよね。しかし、度が過ぎてしまうと生活に大きく影響をきたしてしまうことがあります。今回は、その中の一人である葵生さん(仮名:28歳)による体験談をご紹介します。

◆初デートにパチンコへ連れて行かれる

 上京して3年目の春、とある男性とマッチングアプリで出会った葵生さん。彼と何度か会ううちに、紳士的な対応と時折見せる男気に惹かれて無事に交際したそうです。

「そんな彼が、まさかの初デートにパチンコを提案してきたんです。正直ドン引きしましたが、よく考えると付き合う前に垣間見えた男気は、ギャンブル魂の一部だったのかなって」

 そう語る葵生さんですが、実際にパチンコ屋に赴(おもむ)いて彼の横で初めてパチンコに触ったそうです。やり方に右往左往する中、彼が隣でなんと大当たりを連発させます。その様子を目の当たりにした葵生さんは、みるみるうちにパチンコに興味が沸くことに。

「短時間で簡単にお金が稼げるなんて夢の話じゃないですか。そんな瞬間を目の前にすると私にもできるんじゃないかって思ってしまって。言ってしまえば、すべての始まりはここからでした」



◆パチンコにどっぷりハマってしまう

 彼氏に連れられて初めて行ったあの日を皮切りに、暇さえあればパチ屋に出向うほどパチンコにハマってしまった葵生さん。気が付くと彼氏よりもパチンコ三昧になっており、そんな現状に逆に彼が引いてしまい、更には距離を置かれる始末。

「迫力ある負け方もしましたが、自分で言うのも変ですが、センスがあったのか彼氏以上の大当たりも何度か経験したんです。たくさん引き当てたら、距離を置かれた彼氏にもう一度振り向いてもらえるんじゃないかな~とかその時は真剣に思っちゃって。この勘違いに気づいて今すぐやめるべきだったところを、どうしても都合よく考えてしまいました」


◆弟や親友にお金を無心するまでに

 しかし楽観的な葵さんの思惑とは裏腹に、やればやるほどマイナスな結果に。とうとう貯金残高が危険数域に達したようです。

 焦りだした葵生さんは、いよいよ3歳年下の弟や、幼馴染の親友にもお金の無心を始めます。最初は快く引き受けてくれたようですが、2人から真剣に説得された「程々にした方がいいよ」という忠告には全く耳を貸さず、繰り返し借金をねだってしまい…2人に呆れられた挙句、疎遠になってしまいました。

「当然ですよね。何年もかけて築き上げてきた信頼関係をこのような形で崩してしまったこと、今でもずっと後悔しています」


◆とうとう消費者金融に手を出してしまう

 それでも懲りなかった葵生さんは、最後の砦とも言える消費者金融に手を出します。

「何とかして今まで失ったお金や人間関係をチャラにしたい一心で、借りたお金を携えてパチンコに行き、一度は取り戻せたこともありました。しかしあの時の私は明らかに狂乱していて、このままいけばプラスになるんじゃないかと、つい魔が差してしまって…。そうこうしているうちに、借金はかなりの額に膨れ上がっていました」

 そう語る葵生さんでしたが、勤めだして8年目になる不動産会社の事務仕事だけは休むこともなく真面目に続けていたそう。ところが、金融会社からの催促連絡が勤務先にもはいるようになり、職場に迷惑がかかると思った葵生さんは、自ら退社という道を選びました。

「仕事もやめて何もかもがなくなった時に、ふと周りを見てみたんです。すると近くには大切な友人や家族、そして彼氏や会社の仲間も誰もいませんでした。私に唯一残ったのは、多額の借金だけ。長かったですが、それにやっと気づいた時、『もうギャンブルはやめよう』と決意しました。」



◆ギャンブル中毒と軽い鬱と診断

 それに気づいた頃と同時期に、葵生さんの精神状態に異変が見られ始めました。精神科へ診てもらうと、「ギャンブル中毒」と軽い鬱状態という診断結果だったとのことです。


https://news.livedoor.com/article/detail/21294876/?p=2




ひぐらし
>>たくさん引き当てたら、距離を置かれた彼氏にもう一度振り向いてもらえるんじゃないかな~

全力でやべー奴で草