メガネクイ

今パチンコ屋に通う若者に直撃「マジでコロナに感謝だよ(笑)」「俺は感染しても重症化しない(笑)」


非難されてもパチンコ屋に通う若者を直撃「ほかに行く場所ない…」

連日発表される感染者数に右往左往する人がいる一方で、コロナなんてまるで他人事かのように自身の欲望に忠実な行動を取っている人もいる。

 その典型はパチンコ店に集う人々だ。休業要請中はそれに従わない店があって日本中から白い目で見られていたし、今でも世間から非難を浴びやすい場所だ。それなのに彼らがパチンコ屋に通うワケはなんなのか。都内のホールを回って生の声を聞いてみた。


「コロナで人気台の撤去が遅れた」
 まずは大型店の喫煙所でタバコをふかす男性だ。どんなワケがあるのだろう。

「コロナなのにパチンコ屋に来てるワケ? ははっ、俺はむしろコロナに感謝してるくらいだよ」

 というと?

「もうすぐ撤去される予定だった機種がコロナ自粛の影響で延期されたんだよ。今のうちに射幸心たっぷりの台で遊んどかなきゃ損でしょ? だから自粛期間からこっちはずっとパチ屋に通ってるよ」

 5月14日、警察庁はコロナウイルスによるパチンコ店休業の影響をかんがみて、旧規則機の撤去の延期を発表した。これにより本来は今年中に撤去される予定だった出玉性能が強力な台、つまり波が荒い人気台を打てる期間が半年から1年延びたのだ。

「マジでコロナに感謝だよ(笑)」

じゃあコロナの流行はパチンコ好きにとって好都合だったと?

「他は知らないけど俺はマジでコロナに感謝だよ(笑)。最近は大勝ちできないショボい新台が発表されてばかりだったからパチンコやめようかと思ってたけど、当分は続けることにしたわ(笑)」

 まさかコロナに感謝してる人がいるとは……正直かなり驚きだ。




「マスクしなくても何も言われない」

 続いては大量のアクセサリーを身にまとった茶髪のイケメン男性だ。

「コロナが気になるかって? いやいや、そんなの気にしてたらパチンコ打ってないよ。まあでも、いまのパチンコ屋はいつ感染しても全然オカシクない状況だね」

 入店時に店員からの厳しいチェックがあるのでは?

「たしかに自粛があけたころは厳重にチェックしてたよ。体温測定とか。でも最近は結構テキトーだね。マスクだって入店するときだけ着けておけば、パチンコを打ってる最中は外してても店員は何も言ってこないし。あくまで俺の通ってるホールに限ったことだけど、店側も客側も警戒心は薄くなってるね」

 たしかに、飲食店でマスクをはずしてしゃべりながら食事するよりは、パチンコ台に向かうほうが飛沫感染リスクは低いかもしれないが…感染のリスクについてはどう思っている?

「それに感染しても重症化しない(笑)」
タバコ休憩する茶髪のイケメン(20代前半・男)

「俺は若いから感染しても重症化しないよ。まあ、万が一、感染してもわざわざパチンコ屋に行ってました、なんて保健所にも報告しないでしょ。別に罰則があるわけじゃないんだし」

 たしかに彼の言う通り保健所からの聞き取りはあくまで任意である。たとえ虚偽の報告をしても罰則はないのが現状だ。しかし、良心は痛まないのだろうか。

「良心なんてあったら、そもそも今の時期にギャンブルなんかやんないよ(笑)」


 緊急事態宣言の解除から数か月。警戒を強めていた時期に比べて、パチンコ店も感染リスクは上がっているのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/73ec7ce34ee8c0ab81a7633349aa649572b92868?page=2




出玉性能が強力で波が荒い人気台は
予定通り撤去しようねって話になってて
一部の店を除いてほとんどの店で撤去されてるのに感謝してるのか(´・ω・`)