livejupiter_1530892559_26101

【朗報】西日本豪雨の土砂で落下した天井を「家スロット」が食い止める奇跡


 広島県東広島市で、土砂崩れで倒壊した民家に閉じ込められた家族4人が、約27時間かけて全員救助された。

 当日、何があったのか。助け出された殿畠義将(とのはたよしまさ)さん(47)が朝日新聞の取材に当時の状況を語った。

 広島市から東に約50キロ。東広島市安芸津町(あきつちょう)木谷(きだに)は、谷あいに家々が点在する集落だ。そこに築100年ほどの2階建ての民家が立っていた。裏手に山が迫る。

 6日の夜、義将さんは夕食後、母屋の2階で横になり、映画「ジュラシック・パークIII」をテレビで見ながらくつろいでいた。

 父親の英治(ひではる)さん(71)は1階の居間で、広島カープのナイター中継をラジオで楽しんでいた。同じ部屋では祖母の久美子さん(93)がこたつで横になっていた。いつもは山側の部屋で寝ているが、この日は雨がひどく、万が一に備えて谷側の居間で寝させていた。

 弟の政治(まさはる)さん(45)は1階の別の部屋で、仰向けになりながらスマートフォンをいじっていた。母親の佐智子さん(65)は、母屋から少し離れた納屋で寝る用意をしていた。

 午後9時すぎ、突然、土砂が襲った。ドドーンという雷鳴のような音が響いた直後、天井の梁(はり)が落ちてきた。明かりが消え、闇の中で何も見えない。近くにあったスマホの照明をつけると、目の前に天井が迫っていた。床との隙間は30センチほど。「これはなんじゃ」と思った。愛用していた2台のスロットマシンが天井の落下を食い止めてくれた。

 階下から叫び声が聞こえた。「大丈夫か」と声をかけると、「背中が圧迫されて痛い」という弟の声が聞こえた。父親も生きていることがわかった。「トイレに行きたい」という祖母の声も聞こえた。

 2時間ほどたった午後10時56分、スマホに消防隊員から着信があった。「大丈夫ですか」と聞かれたので、家族の様子を伝えた。その後も断続的に安否を尋ねる電話があった。スマホは充電していたので、バッテリーは十分だった。

 7日午前2時ごろ、動かすことができた手足で天井を破り、屋根裏に出ることができた。わずかに身動きが取れた。布団をかぶって、屋根からしたたる雨水をしのぎながら眠った。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000023-asahi-soci




9c51d3b4-s
こういう事もあるんやねぇ
なんの機種だったのか気になる

※AA画像の挿入間違えた
ごめんね