8632e2a5

【噂】バジ絆等の高射幸性旧基準機の撤去が早まるかも!?


昨年末に高射幸性旧基準機の設置比率が30%以下となったのは周知の事と思いますが、その後の撤去スケジュールについてはいまだに不透明な状況が続いています。

現状では、行政側から旧基準機の早期撤去に向けて、業界全体で取り組んでいくように言われている状況ですが、業界側は明確な返答(撤去期限など)をしていません。

そもそも、旧基準機と言えども認定を取っているということは、行政の許可を得ているということになります。

そのような合法な状態での設置期限が残っているというのが業界側の言い分ですし、もっともな意見です。逆に、行政側の主張には矛盾がある訳です(今更な話でがありますが)。


6号機の規制緩和と引き換えに?

先日、6号機の概要について、高純増AT機の復活など、5.9号機に比べて格段にゲーム性の幅が広げられる内容が決まりました。(このブログでも何度も言っていますが、あくまでもゲーム性の幅が広がっただけで、出玉性能は落ちます)

これはメーカーやホールの要望に対して行政側が譲歩したことを意味しています。

  ここからは、業界内の噂や憶測の域を出ない話です。

行政側が無条件に、6号機の規制緩和など業界側の要望を受け入れるのか…という点に疑問があるということです。

ということは、6号機基準での高純増AT機が市場に出回ると同時に、旧基準機の撤去を進めろということを暗に意味しているのではないでしょうか。

  旧基準機の撤去を望んでいるのは行政だけではありません。売上が低迷しているスロットメーカーも同じです。現状のままだと、バジリスク絆などの高射幸旧基準機は2019年冬まで認定期間が残っていますが、これらの機種が市場に残っている以上は、いくらAT機が解禁になったとは言っても6号機の売上は上がりません。

となると、6号機がリリースされ、市場に広まっていくであろう秋以降に旧基準機の撤去を進める自主規制をかける→必然的に6号機の売上が上がるというシナリオも十分に考えられるのではないかと思っています。


http://katigumi.net/2018/02/21/post-3666/




9c51d3b4-s
十分ありえそうやねぇ
いつまでもあると思うな高射幸性遊技機ということで 立ち回っていく