benki

【朗報】daiichi「私imagination+が光る便器だと言われていること知っています。」


sss

皆さま、こんにちは。
今回のプロジェクトDで取り上げる部署は「デザイングループ」です。デザインは、製造業者(メーカー)にとって、どんな業種であれ切っても切り離せない必要不可欠なものです。

パチンコ・パチスロにおける「デザイン」とは、どんなものか? 仕事の内容やその深いこだわりまで、遊技機デザインの世界に踏み込みます。

第四回「デザイングループ」

sss

(ナレーション)Daiichiで「デザイン」といった時に、いま真っ先に思いつくのが最新枠『imagination+(イマジネーションプラス)』ではないだろうか。
筐体を覆うようにランプを搭載した斬新なルックスはインパクト抜群だ。Daiichiの標榜する「パチンコらしくないパチンコ」を具現化したともいえる。

『imagination+(イマジネーションプラス)』は形状としてはシンプルな部類。だから「手が込んでいない」と思われがちだ。また、パチンコユーザーからは便などと揶揄もされた。 しかし、コンセプトを完全に表現するために、細部にわたってデザイン的なこだわりが散りばめられている。

sanpi

ランプが光る時に影ができないようにデザインされた留め具や搭載物の配置。LEDがムラにならず全体的に照らされるような計算されたレンズ構成。叩いたり引っ張っても壊れないといった耐久性と意匠の両立。下皿に手を入れやすいかなどの機能性との兼ね合い。

ユーザーが直接意識しない部分でも、デザイン(見た目)の配慮がほどこされている。

「賛否が起こらないデザインは面白くない。全社一丸でこの筐体を世に送り出せたのはDaiichiの意思の表れでもあった」と取材に対応してもらったYさんは言った。

http://daiichi777.jp/fan/column/developer_interview/project_d_design/




9c51d3b4-s
ちゃんと公式で触れられるとなんか申し訳ない気持ちになるよね・・・
それでもホールでこの枠見ると便器にしか見えないけど

でもまぁ話題にならないよりなった方がいいよね
実際マジェプリリリースされた時とか枠を見にホール行ったもん