50c124da-s

ホール団体からサンセイへお願い


garoooo
garooooooo

全日遊連が不公正販売と位置付けているものとは?
実際問題、遊技機の販売条件など、打ち手側にとっては、どうでも良い話題かも知れません。

近所の大手ホール、エリア内の上位ホールに行けばどんな話題作であっても最速納期で設置してあって、確実に遊技可能な訳ですから。

しかし、

直近機種(概ね1~6か月以内)の購入履歴上、該当メーカーが要求する水準の付き合いが無い 該当メーカーが要求する一定台数以上の案件入れ(●台欲しいと購入意思を示す事)ができない

このようなお店、要は中小ホールは、話題作の導入ができずに、広告宣伝規制上では新台導入以外の告知を堂々と行う事ができない状況で、それが可能な大手ホールとの告知上および集客力の格差において、大きな不公平感を味わう場面が多いというのが現状と言えます。

最近では、サミーの北斗7においては、直近スロット機である攻殻機動隊、獣王、サクラ大戦などの導入が条件である事を明言或いは強く匂わせる事で、話題作である北斗の販売にかこつけて今現在買い控えが起こっているスロット新台の完売を目論んだという経緯があります。

また、京楽の新作仕事人においては、10台程度の案件入れができなかったお店や、直近スロット機である水戸黄門、サイコパスに付き合えなかったお店は、導入ができなかったり2週間程度遅れての導入になったりといった事情があります。

この流れは残念ながら今後も継続し、年内に出て来る事がほぼ決まっているスロット新作北斗、パチンコ新作ヱヴァなどのタイトル機の販売にあたっても、相当厳しい条件を提示されるお店が続出するものと見ています。

要警戒なのは…
私見では、特に、遊技機販売会社であるフィールズが絡んで来る機種には要警戒であり、同社が直近で持っている販売案件のあらゆるものと絡めての条件提示になる場面が多くなるものと推察します。
※フィールズの販売案件=一部の京楽OK&ユニバーサル機、七匠、ダクセル、ビスティ、エンターライズなど

同社には、ホール側に対しての販売上のモラル的なものは何も無く、メーカーでは無いため打ち手側に対して面白い遊技機を全国各地のそれぞれ営業規模が異なるホールに幅広く供給したいという意思すらもありません。

(中略)

全日遊連からサンセイへの要請
ホール側だけでなくメーカー側にも、「エンドユーザーである打ち手側に過度な負担を強いる現状では、ファン人口の減少は止まらない」、「いつまでこんな事を続けるんだ」と思っている者は沢山居ます。

しかし、意思決定を司る立場の方々の考え方が変わらない限りは、何も変わらないというのはこの業界に限った事ではない悲しい現実と言えます。

そういった点では、このところ全日遊連が頻繁にアナウンスしている、不公正販売の是正の呼びかけは、是非とも継続して頂き、また各組合員(ホール)は、「これは、どうみてもおかしいじゃないか」という条件を提示された場合には、全日遊連に対して情報提供をしていく事が肝要かと思います。


http://jyavit.minibird.jp/garo-goldstorm







9c51d3b4-s
サンセイよりもFがボロクソ言われてるのに草