0915416e

パチンコ好きが年間の収支明かす


2015年のレジャー白書によると、2014年のパチンコ人口は約1150万人。1990年代半ばのピーク時には3000万人を超えており、パチンコファンが大きく減少していることが分かる。しかし、市場規模そのものはそこまで縮小しておらず、1人あたりの消費金額は増加傾向にある。とある統計によると、かつてはパチンカー1人あたりの平均年間消費額は50万円程度だったのが、最近では300万円にも跳ね上がっているというのだ。

 年間300万円といわれるとかなり高額だが、もちろんこのすべてがマイナスになっているということではない。これはあくまでもパチンコに使った金額であり、負けた額ではない。出玉があればもちろん返ってくるわけであり、年間の“収支”はまた別の話だ。

 では、一般的なパチンカーは年間どれくらい負けて(勝って)いるのだろうか? 都内に住むパチンコ歴23年の40代男性Kさんが、2015年の年間収支を教えてくれた。

「僕は基本的にパチンコだけを打っていまして、休日は2日に1日くらいのペースで行っています。平日は基本的に行かないのですが、たまに仕事が夕方で終わった時などは行くこともあります。そして、2015年12月半ばまでの年間収支ですが、マイナス59万円でした。昨年は、マイナス82万6000円だったので、多少マシになりましたね」

 ひと月あたりに計算し直すと、約5万円のマイナスということになる。「趣味に月5万円」というのは、果たして高いのか? 安いのか? 少々難しいところだ。

http://yukan-news.ameba.jp/20151225-69/



パチンコ歴約10年のアヘブログ管理人が年間の収支明かす

eed4518b

実質・・・・負けてるなw
来年はマイナス30を目指して本気だす(´・ω・`)